SPEEDPLAY-BLOG

最近の記事
電源の要らない石油ス…
04/05 23:25
凄まじいスイス魂
03/30 00:10
Nextヘルメットは…
02/22 23:51
FLSTN・ヘリテイ…
02/08 23:28
あけましておめでとう…
01/01 01:23
手放し直進してしまう…
12/31 15:30
ゴートでオーダー革ジ…
11/28 23:50
2010 WERID…
11/08 19:57
最近のコメント
自他共に認める、よく…
K&N 12/19 13:04
長いような感じでスイ…
DOGHOUSE 黒田 12/11 17:47
こちらこそ無断掲載し…
K&N 06/13 00:34
黒ビューエルのオーナ…
99X1 06/11 17:43
展示会、とても興味深…
K&N 05/26 01:07
そうなんですよね~…
K&N 05/26 01:04
ご来店ありがとう御座…
DOGHOUSE 黒田 04/23 16:12
私もこんなんだったか…
DOGHOUSE黒田 04/23 16:03
最近のトラックバック
ハッピーアメ車ライフ…
01/30 01:47
BMW HP2 PV
02/04 18:23
BMW HP2
12/13 23:47
SPEEDPLAY
 HOME

2009 DODGE RAM

   2009ダッジラム
2009年モデルのダッジ・ラムです。
意外と全体の雰囲気は保ったまま、目つきがスポーティーになった感じですね。個人的には慣れればカッコよく見えると感じています。
ダコタがあの変貌っぷりだったのでどうなるのかなと思っていましたが、ラムはキープコンセプト路線のようです。
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 17:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

トラックじゃないですが

ネオクラシック路線が定着しつつあるアメリカですが、ダッジの最新の1台チャレンジャーです。
   ダッジ・チャレンジャー
個人的に凄くカッコよくみえますね!
悪く言えば懐古的、よく言えば温故知新。自らの歴史を振り返った結果気付く他に無い価値というか、、、
アメリカ人が欧州的な車を作ったって所詮本場メーカーには敵わないわけで、逆にアメリカンなものは欧州には出来ないという訳かなと。

ということで日本の自動車メーカーやバイクメーカーももっと自らの資産を活かすものをもっと出しても良いんじゃないかな~と思いますね。
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 12:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

気づかなかった、、、そしてついに~!

フロンティアにいつのまにかダブルキャブロングベッドが設定されていました。
   フロンティアロングベッド

タコマはもうミニトラックの枠を飛び出した感があるけれど、フロンティアならまだギリギリ日本に向いたサイズかなと。
ということで、アメリカで見た際のタイタンと間違えた迫力のボディーが忘れられないので、次回購入候補No1です!
色は赤か黒かな~、それとも汚れの目立たないシルバー?
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 20:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

US出張日記 その1

アメリカに来てかれこれ10日が過ぎました。(なんだかんだでネットにアクセスできました。)
ここフロリダは気候が良いせいか、えらいバイクを見かけます。といっても、ハーレー&日本製アメリカンかスーパースポーツしか見かけず、ネイキッドとかのある種中途半端なバイクは見かけません。こちらに来ると感じる『何でも極端で、すべて0%or100%』というのがこんなところにも出ているのかな~といったところでしょうか?

また、ピックアップ比率がえらい高いです。それはそれは、毎日のようにシルバラード、ラム、F350、F250、F150、ダコタ、S-10、コロラド、レンジャー、キャニオン、タンドラ、タイタン、タコマ、フロンティア(少々)などなどを見かけています。まさに『フルサイズって普通の大きさじゃん!日本でも乗れるよ』などと勘違いしそうです(笑)また、自分なにこんな当たり前な事を紹介するサイトなんてやっているんだろうという自問自答にも陥りかけました。

   フロリダ2
こんな感じでダブルキャブロングベッドのデューリーなんかも結構頻繁に見かけ、インターステートではデカ目の船を引っ張っていたりします。


あとは、テレビ番組でSPEEDチャンネルっていうのがあるんですが、始終モンスタートラックやナスカー、コンボイのウェイト引張りドラッグレース、果ては車で走ってきてジャンプ台に片輪乗せて横転する派手さを競うレース?というわけの判らないものも含めやっています。他にも、抽選でボロイコンボイをフルカスタムする番組や、バイクのDIYカスタムのやり方を説明する番組等、車、バイク系でもいろいろなレパートリーがあります。

とりあえず、今日の日記はこれくらいにしときましょう、、、
   フロリダ1


PS
何件か車の用品店に行きましたが、やはり車種別にありとあらゆる壊れ易いパーツが取り揃えられています。
やはり、アメ車はアメリカ内で乗る物かと、、、(笑)
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 09:48 | コメント(0)| トラックバック(1)

2007ダカールラリー終了

ダカールラリー、三菱が1-2フィニッシュを決めました。
国内販売はiとかでやや盛り返しても、まだまだキビしい状況の三菱にはパジェロの売上で貢献するかもしれません。
しかし、リコール三菱といえば、三菱ふそうがまたリコール出しましたね。
今回は想定以上の積載量とホイールナットの締め付けトルクにやられたということらしいです。
特に後者は規定トルク約55N・mに対して市場では100N・mと倍近い力で締付けられていたため破損に至ったとのことです。金属疲労強度はイニシャル応力がかかった状態だと低下するので、設定の倍の荷重で締付けられていたから極度に落ちたんでしょうな、、、

で、そんなことを話していたらこんな意見になりました。
「ハブが壊れて即脱輪になるから悪いんだよ。ハブが断裂してもホイールが飛び出さないようにするストッパーがありゃいい。」
つまり例えば、アクスルの先端をキャップで閉じるのではなく、そのままある程度突き出してストッパーみたいなのを付けて、外れたホイールをキャッチするというものです。こうすれば対策-(あらぬ使い勝手の)破損のいたちごっこをやる必要も無いでしょう。
そうすりゃ無茶苦茶な整備も過積載もドンと来い!かな?

ところで、皆さんの車もディーラーやカー用品店でいじられた時、インパクトで滅茶苦茶締められてませんか?最終的には同じ道を歩むかもしれませんよ~
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 21:35 | コメント(2)| トラックバック(0)

ダカールラリーと言えばのカミオンクラス

連日2007ダカールラリーの熱戦が繰り広げられていますが、このラリーと言えば日本では考えられないカミオンクラスの存在がありますね。
そこには日本では聞いたことも無いメーカーが熾烈な争いを繰り広げています。
出場メーカーを挙げると、、、
GINAF ・オランダ
TATRA・チェコ共和国
KAMAZ・ロシア
MAN・ドイツ
DAF・北米出資、オランダ&ベルギー
IVECO・イタリア、フランス、ドイツ合資
HINO

とかとか、、、(国は間違ってるカモ)
いや~、こうしてみるとまだまだ知らないメーカーが沢山あるんだな~と思いますね。自動車でもスコダとかセアトとかあるし・・・

で、チェックポイントでスタンプして貰うために一時停止するんですが、再発進の際は一番迫力あるなと思います。環境云々を一蹴するどす黒い煙を吹き上げて加速する様が特に、、、


あと、バイクや四駆がスタックして苦しむとこをどうしてあの巨体で走りきれるのかが最大の謎です。だって、あんなのがスタックしたらその場で途方に暮れる姿しか考えられないもの・・・
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 22:17 | コメント(2)| トラックバック(0)

雑誌PICKUP TRUCK Vol.5 発売中

アポロコミュニケーション発刊の雑誌、
PICKUP TRUCK Vol.5が元旦に発売されています。
内容の方は相変わらずヒドく、コロラドとシルバラードの区別がまったく付かなかったり(見開きで右ページにでているキャニオンはキャニオンと書くが、左に出ている車体にコロラドクルーザーとペイントされているコロラドはシルバラードと書いている)果てはS-10すらシルバラードと記載し、HONDAリッジラインのBAJAレーサーをパリダカールラリーレース車と紹介したり、今世界的な流行のアルコール燃料車の特徴も完全にスルーetc...とツッコミ所満載で、どこからツッコんでいいものか困るほどです。
ということで、もう、はっきり言って人柱ですが
一応私は買いました

もうちょっと内容に触れると、カスタムに関する解説等は雑誌トラックトレンドの足元にも及びませんが、SEMAショウ、トラックマスターズ、ショップ&ユーザー紹介、トライトンレビュー、あとは唐突なホイールの宣伝などとなってます。その中のユーザー紹介に以前BBSに来てくれた白いハイラックスのダブルキャブに乗っている方も載っていました。
ということで、もうちょっと知識のある人が編集する必要があるのではないか、というか買う人に対して失礼だから間違いなく必要でしょという内容ですが、興味のある方は買ってみてもよろしいんじゃないでしょうか?
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 20:35 | コメント(5)| トラックバック(0)

新たなるハマリネタ

怪我をしてバイクに乗れなくて、壊れた膝でも出来る作業ということで毎週末オーディオのカスタムに励んでいるわけですが、コレは面白いです!
単なるスピーカー交換だとあっという間に終わりですが、デッドニング
をあわせてやっているので、時間はかかるけど変化が大きくてやりがいがありますね。
特に音の広がる場所をダッシュボード上くらいに上げ、定位が上手く出るようツイーターの位置を調整したりとか、デッドニングしすぎたサービスホールを少しづつ空けて響きを調整したりと、セッティングでかなり変わるのが楽しいですよ。

ということで、「ま、国産で家庭用オーディオも作ってるしパイオニアのでいいや~」などと安直にスピーカー選びをしたのを微妙に後悔しそうです。ちなみに最近そういう情報を教授して貰っている人はダイアモンドオーディオというメーカーのスピーカーがいいとの事です。

あと、家ではBOSEの301というスピーカーを使っていますが、カーオーディオのセッティングを通して、今まで何気なく使っていたものの性能を知りました。(低音の出方とか、音像の定位の仕方とか)
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 23:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

今週木曜はBAJA1000です

今週の木曜日の朝に今年のBAJA1000がスタートします。
速いチームはその日の夜にはゴールする熾烈な競走が今年も繰り広げられることでしょう。
で、今回知人がレース見に行くのでトロフィートラッククラスの写真とか動画を撮ってきてくれるよう頼みました。いや~、土産話に写真が楽しみ~♪
   BAJA・S-10
こんな強烈なS-10が走ったりするのが観れるのかな~と
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 23:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

ついに!ついに来た!

国内ピックアップ販売無しがついに打破されます!
三菱のトライトンの先行予約が始まりました!
   トライトン
詳しくは三菱のサイトで

しっかし、出るでる噂されててなかなかPRがなかったんですが、ついにきましたね。
仕様はダブルキャブ4駆のみで価格は¥2940000だそうです。け、結構高いですね(汗)

でもまぁ、ありえないとは思いますがこれが結構売れちゃったりなんかして、日産もフロンティアをダットサン復活とかって販売してくれたりなんかしたら最高なんですけどね~(笑)
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 23:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

ALL NEW TUNDRA!!

前からネット上では見かけていたNEWタンドラが、USトヨタのHPにもUPされるようになってました
   07タンドラ1 07タンドラ2
かなりBIG3の影響を受けつつもトヨタっぽいといえばトヨタっぽいといえるデザインという感じです。
あと、後ろからの姿はDODGE・RAMみたいな気がします。テールライトがAPCのジェネレーション2だったけかな?みたいな出目金タイプになってるのが微妙に気になりますね~
とはいえ全体的にはカッコいい感じで、さらに売上を伸ばしそうな予感です。
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 00:19 | コメント(2)| トラックバック(0)

ALL NEW TUNDRA!!

前からネット上では見かけていたNEWタンドラが、USトヨタのHPにもUPされるようになってました
   07タンドラ1 07タンドラ2
かなりBIG3の影響を受けつつもトヨタっぽいといえばトヨタっぽいといえるデザインという感じです。
あと、後ろからの姿はDODGE・RAMみたいな気がします。テールライトがAPCのジェネレーション2だったけかな?みたいな出目金タイプになってるのが微妙に気になりますね~
とはいえ全体的にはカッコいい感じで、さらに売上を伸ばしそうな予感です。
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 00:19 | コメント(5)| トラックバック(0)

DUST TO GLORY

渋谷のシアターNにDUST TO GLORY観に行ってきました。
朝10時40分からON ANY SUNDAYも上映しているので、これもついでに観てきました。
いや~ピックアップトラック&バイク&オフロード&旧マッコイズの好きな自分には超ドストライクな内容で、とても楽しめましたね~!
まず出場マシンがカッコ良かったです。レーサーのピックアップもXR650もバギーも、そしてBAJA BUGも!思わずこういう方向に自分のトラックをカスタムしたくなりました(笑)
そしてセリフも『人は普通、一生に1万回は死にそうな目にあうが、ここでは1日にして1万回死にそうになる。』とか、『次のBAJAまで364日しか無い』とかとかちょっとまともじゃないけどカッコいい(?)のが多々有ったり、優勝賞金も$4000とほとんど出ないに等しい『無駄』なことに一生懸命になっていたりという姿が、本当に遊びを知っている国の人々って感じで良かったです。
そしてDUST~にはON ANY~で活躍しているライダーが再登場したりしますので、ON ANY~を観てから見ると、さらに楽しめそうです。
あと7月末まで‘04年のBAJA Class21(だったけかな。250cc未満クラス)2位を記録した倒立XR250とBAJAの魔の微砂が展示されてます。砂の方は実際に触ることが出来るのですが、確かに細かくて「これは埋まってしまうな」という感じでした。自分が走り回った利根川の砂洲の砂とは段違いでしたね~(汗)
          ダストトゥグローリー
※但し、前述のことに興味の無い人が見ると楽しめない可能性があります(汗)
ピックアップトラック | 投稿者 K&N 21:19 | コメント(1)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]