SPEEDPLAY-BLOG

最近の記事
電源の要らない石油ス…
04/05 23:25
凄まじいスイス魂
03/30 00:10
Nextヘルメットは…
02/22 23:51
FLSTN・ヘリテイ…
02/08 23:28
あけましておめでとう…
01/01 01:23
手放し直進してしまう…
12/31 15:30
ゴートでオーダー革ジ…
11/28 23:50
2010 WERID…
11/08 19:57
最近のコメント
自他共に認める、よく…
K&N 12/19 13:04
長いような感じでスイ…
DOGHOUSE 黒田 12/11 17:47
こちらこそ無断掲載し…
K&N 06/13 00:34
黒ビューエルのオーナ…
99X1 06/11 17:43
展示会、とても興味深…
K&N 05/26 01:07
そうなんですよね~…
K&N 05/26 01:04
ご来店ありがとう御座…
DOGHOUSE 黒田 04/23 16:12
私もこんなんだったか…
DOGHOUSE黒田 04/23 16:03
最近のトラックバック
ハッピーアメ車ライフ…
01/30 01:47
BMW HP2 PV
02/04 18:23
BMW HP2
12/13 23:47
SPEEDPLAY
 HOME

2010 WERIDE三宅島エンデューロレース

東京都主催の三宅島復興イベント『WERIDE三宅島エンデューロレース』に参戦してきました。

これは2000年に火山噴火による全島避難を余儀なくされ、2005年に避難指示が解除されたものの、元々3800人ほど居た人口の2/3ほどしか帰島していない三宅島の復興を支援するイベントです。

レースとしての特徴は、トランポが持ち込めないことと、溶岩むき出しのハードコースというところでしょう。
前者はマシンとガソリン、工具類を渡航前に預ける必要があり、ラリーの要素もあるといえます。
後者は想像以上に尖った溶岩原やごろごろした溶岩石に足元をすくわれる厳しいものでした。同じ溶岩コースのJNCC本栖に出た人曰く、富士の溶岩は風化が進むほど古いものだが、三宅島のは出来たてホヤホヤ!キツイ!とのこと(汗)

そんな中自分は、風邪ひいた状態で4ヶ月以上のオフロード走行ブランクがあってと厳しい状態でしたが、なんとか走りきってクラス上位1/3に入ることが出来ました。

また、視界に広がる景色はタフなコースとは対照的に本当にすばらしく、夢のようなエンデューロレースを堪能する事が出来、本当に密度の高い週末を過ごせました。
   
WERIDE三宅島1 WERIDE三宅島2

そして、レースと同時に一周30kmで山手線圏内と同じくらいの大きさの三宅島を回るバスツアーもあり、火山島での生活を垣間見る事ができたのはとても有意義でした。
特に2000年の噴火で溶岩が押し寄せた阿古地区は街の2/3が溶岩で埋め尽くされ、現在も荒々しい溶岩原が広がっていたり、現在も高濃度の火山性ガスが漂う地区があったりと自然の力をまざまざと見せ付けられたのが印象的でした。

あと、レース会場へバイクに乗って移動する際に見えた、海に浮かんで見えた隣の御蔵島が本当に美しく記憶に刻まれました。(写真撮れず)

と、レース以外にもいろいろな経験が出来、駆け足で回ったところを再び訪れて、ゆっくり見て回りたいと思います。
   WERIDE三宅島3 WERIDE三宅島4

最後に、通常ネガティブなイメージが付き纏うことが多いバイクのポジティブなイベントに参加できたのと、エンデューロというマイナーな競技が脚光を浴びたことがとても嬉しかったです♪
オフ車 | 投稿者 K&N 19:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

白井トライアルパーク 3回目

前回に引き続き、茨城県桜川市真壁町白井にある白井トライアルパークに行ってきました。
今回は金曜日に雨が降ったせいで、沢登り個所の水流が多く、山中のヒルクライムセクションは全くトラクションしない状況で、それはそれでエキサイティングなコンディションでした。

今回ももちろん楽しく走ったんですが、先日装着したラジエターブレースを早くも変形させ、60~70cmの切り立ったドロップオフでバイクごと前転し岩盤に叩きつけられるという目に遭いました(汗)
ちょっと、ムリしすぎたかな・・・

しかしながら、あまりに楽しいのでまた今度行く予定です^^
オフ車 | 投稿者 K&N 20:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウイリー松浦 谷田部エンジョイスポーツランドに行ってきた

   ウイリー松浦谷田部コース
今日はタイトルのコースに行ってきました。
ものすごくほんのちょっとだけイベントのお手伝いをして、あとは適当に走って、仲間の作ってくれた焼きそば食べて、タープの下で談笑と、久々にアメリカの週末(想像)のような時を過ごしました。
というのも、最近は走るコースがかなりハードめなので、走ることに注力している感じだったので。

コースは田んぼのあぜ道の先にある、森の中に作られた比較的フラットなコースで、リンク先のHPにもかかれている家族や友達と丸一日を楽しく過ごす~というのに納得なレイアウトです。速さを求めて、一日中走るのではなく、BBQなどしながらオフって感じですね。

とはいえ、自分には物足りない。やはり一周に一箇所は嵌るようなセクションが無ければっ!
ということで、来週は白井トライアルパークに行ってきます。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

白井トライアルパーク 1

茨城県桜川市真壁町白井にある白井トライアルパークに行ってきました。
ここは最近、トライアルだけでなくオフロードバイクの走行もOKになったところで、走行料金2500円、土浦北ICからアクセス良好な筑波山の北側に位置する、採石場跡地らしきところにあるコースです。
そして、山中の所々にある開けたエリアとそこを繋ぐ連絡路からなる相当に広いところで、エンデューロバイクではその連絡路を中心にいくつかトライアルセクションにチャレンジする感じです。
ただ、連絡路といっても30~50cmの岩がごろごろしたガレ場や沢登り、置かれた丸太を乗越えるところなどがあり、初心者では連絡できないレベルだったりしますが、、、

で、今回で2回目だったんですが、本当に楽しい♪
なかなか練習できないエンデューロレースのようなガレ場にヒルクライム、セクション、シングルトラックが嫌になるほど(?)走れます♪
コースの感じはさながら在りし日のF2小湊とMMPを足して2で割った感じです。

ということで、あまりに楽しいので年間走行会員(初年度¥17000、翌年から¥12000)になってしまいました!
また再来週行く予定です^^
オフ車 | 投稿者 K&N 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

GALLOP-X in Kawauchi 2010

2008年に続き、福島県川内村で開催されるエンデューロレース『ギャロップX』に出場してきました。
これは1周13kmのコースで3時間耐久するアーネストクラスと、ショートカットコースで2時間耐久のファンクラスがあるオフロード耐久レースです。
   2010GALLOP-X1←コース図
   2010GALLOP-X2←FUNクラススタート

天候も前日まで雨が降ったものの、当日は晴れてアーネストクラスの始まる正午頃にはコンディションもドライになりました♪
そして自分は3時間のほうで出場し、2回バイクを竿立てて折角交換したRrフェンダーをあっけなく折り曲げたり、最終周でエスケープラインも地獄になった谷地で嵌ってもがき苦しんだりもしましたが、おおむね楽しく走りきりました。
   2010GALLOP-X3←集計所手前
   2010GALLOP-X4←CGCのRinちゃん(ネットネタの好きなゲロカップだけにメイドというか魔理沙かな…?)

最後に会場の雰囲気が判らなくなる写真を載せてしまいましたが、FUNでもそれなりにタフなレースです(汗)
オフ車 | 投稿者 K&N 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

エンデューロ in 白河スポーツランド

2年前にもブログに書きましたが、出来る範疇で毎年参加している5時間耐久に今年も参加してきました。
   29th 白河5hrED1
   ↑背景の山も紅葉しています。
コースは常設オフロードコース+駐車場から見える山の中のヒルクライム&ウッズ&小径ヒューム管乗越えとバラエティーに富んでいて、かなり楽しかったです。特に初心者にはちょっと苦しいレイアウトもあったとは思いますが、自分のような中級ライダーにはちょうどいいもので、こんなコースが常設だったら良いのにな~と思うくらいでした。
そしてバイクは去年と同様の我がCR125で、ライダーも同様に2名で参加しました。
   29th 白河5hrED2
結果は、去年が5位/120台だったのに対し、今年は4位/150台で1つあげました。一昨年が14位/130台だったので、確実に速くなっているなと、、、
ただ、速くなっているといってもオールクリーンな状態での周回タイム的速さではなく、上り坂でこけている人の合間を縫って登りきるテクニック、さらに言えば渋滞しているセクションのすり抜けテクだったりしますが、、、

まぁ、エンデューロはそういう走りのテク以外のすり抜けとかラインの読みとか谷地感とかも含めての競技だと思いますが。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

NEW-HELMET

今日も先週に引き続きオフビレに行ってきました。
今日は先週と違って気温も低く、曇りだったため走り易かったです♪というのも、30分くらい連続走行した時の疲れ方が少なく、気持ち悪くなったりしなかったので。

でもって、帰りに川越のオフ系用品店RSビートルに行ってヘルメットを新調しました。
   FOX-V1ヘルメット1
右側が新しく買ったFOX-V1、左が今まで使っていたFOX-PILOTです。新しいのは2万3千円位と今までのより安い価格帯のやつだけど、形状やエアインテークの数などに進化を感じました。
なにより外殻の形状が部分的に尖っているのが特徴的!
   FOX-V1ヘルメット2   FOX-V1ヘルメット3
側面のFOXの字とロゴの辺りからぐるっとリブ状に2本のラインが出っ張っていて、アグレッシブな雰囲気です。
まぁ、これのおかげで公道走行不可だとも言えますが、、、

ショウエイも海外販売モデルはこんな感じで突起があるんですが、やはり国内では規制に引っかかって公道走行できないので販売しないんだとか。こういうのを危険な突起と見なすなんてナンセンスだよなぁ
オフ車 | 投稿者 K&N 23:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

オフロードビレッジ6時間エンデューロ

埼玉県川越市にあるオフロードコース『ウエストポイント・オフロードビレッジ』で開催された6時間エンデューロに、助けにならない助っ人ライダーとして参加してきました。
   オフビレ6時間耐久
実は久々のコース走行で、実に去年の10月末以来のほぼ1年ぶりという状況。で、当日は季節外れの暑い一日で、日差しも強く、想像以上にハードなレースでした。
最初は、去年末のレースでは百数十台中5位だったし、最初に2時間連続で走っても全然まだまだイケそうだったってのでタカをくくっていたものの、連続1時間の走行で熱中症の症状が出てダウン。もろくも自信というか過信は打ち砕かれたのであった・・・
というのも、力の抜き場のないせせこましいコースレイアウト、気温、日射、久々のレース、運動不足etc...理由を考えればいくらでも(笑)
しかも、手にテーピングし忘れ、両手にマメを作ってハンドル握るのも痛くて痛くて(めっちゃハンドルにしがみ付いてたし)いろいろと最悪でした。
しかし、結果はまぁそこそこだったので、良かったなと。

そして、来週土曜日もオフビレにてフリー走行予定、再来週の土曜日は白河で5時間エンデューロと、年末に来てオフ漬けです。
オフ車 | 投稿者 K&N 22:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

中部ゲロカップ R4 黒井沢 

前回の中津川に引き続き、ゲロ系エンデューロ☆中部ゲロカップ第4戦黒井沢に出場してきました。

無論、そこに広がる光景は・・・
   08CGC-R4 黒井沢2
とか
   08CGC-R4 黒井沢1
とか
ゲロカップの名に恥じないものでした(笑)

自分もそんな谷地に嵌って抜け出せなくなったり、沼と化した場所に嵌ったままエンジンが掛からなくなって、必死に泥水のしたの足場になる地形を探しつつキックしまくったり、挙句の果てに足を滑らせそのまま沼に倒れたりといろいろありました。

また、パンダの森と名のついた、極悪キャンバー越えが難しくて難しくて、上手い人は滑らず通過していくものの、自分には全然無理で、とりあえず垂直に出来るだけ高いところにバイクを運び&倒し&引っ掛け、その後人力でずるずる下がりながら通過していくのがやっとでした。

う~ん、もっと練習しなきゃとも思いますが、一体どんな練習をどこでやれば良いかは謎です(汗)
オフ車 | 投稿者 K&N 00:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

サスペンションメンテナンスせねば

前回、ゲロカップ第3戦の帰りにフォークオイル漏れが発覚したままずっと放置していたCRを整備せねばと動かしたら、なんかRrサスの調子も激しくおかしいっ!
沈んだまま戻ってこない・・・
またがってRrを沈ませようにも、なんか動きがおかしい。異様に硬い(汗)

これは、FrだけでなくRrもオーバーホール確定だなと、、、
またテクニクスさんに頼むこととします。

エンデューロセッティングにリバルビングして欲しいところですが、前後で7万以上してしまうので微妙ですよ・・・


ということで、9月28日の第4戦黒井沢に向け、今年の我がオフロード後半戦始動です。
オフ車 | 投稿者 K&N 22:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008夏のロングツーリング

   2008夏休み1
今年の夏休みは長く取れたので、アフリカツインでロングツーリングに出てきました。
まずは三重の友人宅を目指し、その後紀伊半島を回ろうとぼんやり考えて、細かい予定も立てずテントとかキャンプ用品を積んで旅立ちました。
ルートはまず秩父。しかも大名栗林道越えで秩父。そして中津川林道を越えて一気に長野県入り。自分も埼玉県が長野に接していると再確認しました。
とまぁ、適当に林道を走りつつ日々長距離を用品積載しまくって走るという、アフリカツインならではの良さを活かした行程ですね。

でもって、初日は昼に出たので中津川林道を越えたところにある廻目平キャンプ場で一泊、翌日は野辺山→清里→富士見高原入笠山→黒河内林道→伊那→開田高原(泊)→飛騨高山→合掌造りの白川郷→金沢→小松空港側(泊)→東尋坊→敦賀→琵琶湖の北の林道を越え琵琶湖(1枚目の写真。遠くに見えるのが琵琶湖)→関ヶ原→三重員弁友人宅(泊)
という、三重を目指してるとは到底いえないルートで三重到着。
ここまでで走行距離950km(内ダート60km)

翌日は休息、翌々日に伊勢参り。(往復300kmくらい)

そして紀伊半島です
三重員弁→宇陀→熊野本宮こと渡瀬温泉(泊)→新宮→串本→潮の岬(本州最南端)→南紀白浜→大塔川林道(手掘りトンネルが印象的)
   2008夏休み2
→渡瀬温泉(泊)→高野龍神スカイライン→途中迂回して林道
   2008夏休み3
→高野山→天理→三重員弁(泊)→東名高速で一気に帰宅

というルートでした。
トータル2470km
(ダート80km、高速道路350km、残り2040km下道)

これはアフリカツインで無ければ走行出来なかったでしょうね。
というのは必要充分なウィンドプロテクションや肩の凝らないポジション、自分にはバッチリはまった痛くならないシート等の疲労感の少なさ、紀伊半島の車1台分の幅しかないような三桁国道のパイロンスラローム状態での軽快感、林道での悪路走破性、高速道路での安定性etc...と、まさに様々な路面コンディションの長距離を快適に走りきるためのツールという感じで、もっともっと遠くへ走っていこうという気にさせるバイクだったからです。

見た目はもう流石に古臭いですが(最後のモデルチェンジは93年で01年まで継続生産)、性能は高いレベルでバランスしており、今でも色褪せる事のなく光っています。これがGSクラスのサイズになると取り回しがやや重く林道走行が微妙になってきたりしますからね。

ということで、このBMW・F800GSしか居ないポジションに21世紀のアフリカツインを出して欲しいものです。
(KTMの690ADVがそのうち出ると思いますが、耐久性が心配)
オフ車 | 投稿者 K&N 23:22 | コメント(1)| トラックバック(0)

C・G・C 中部ゲロカップ 中津川

岐阜県の中津川でおこなわれたゲロ系エンデューロのCGCに出てきました。
どんな光景が広がったかは↓を参照
   中部ゲロカップ1

底の方に這い上がれない亡者どもライダーたちが居るのが見えるかと、、、


という光景のダンロップヒルはかなりキツかったです。。。(セクション毎に提供が存在します。他にも明治乳業ロックセクションとかWAKO'Sキャンバーとか)

またギア比をミスったせいで1速で半クラ多用したのはキビしかった。純正のFr13 Rr51に対し、今回Fr13 Rr53だったんですが、さらにローギアードなFr12が良いようです。


あと、まとめハプニング動画です。
http://tt-r.mydns.jp/movie/2008IkewonR1.wmv
オフ車 | 投稿者 K&N 22:40 | コメント(4)| トラックバック(0)

アサマファンライド

アサマファンライドに行って来ました。
今回初参加で、公道も走るイベントとのことでCRではなくドノーマルのCRM250ARにしました。

場所は軽井沢と佐久の間の国有林道で、半ば登山道的な場所でした。実際にすぐ近くに登山道が有り、大勢の登山者が居たりしたのですが、はじめ茂みの中に人影が見えたときは見えてはいけないものが見えたのかと焦りましたが、、、

で、天気も晴れて、対向車の来ない林道を攻めるという普段出来ない事を十二分に堪能し、かなり楽しかったです(難所も無かったし)

しかし、同行者のGASGAS・EC250に試しに乗ってしまい、またもCRをいじったことを無駄に感じ、ドノーマルのCRMのパワーの無さとツキの悪さに閉口する始末。とりあえずは、CRMはいじろうと心に決めたのでありました。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

行けなかった・・・

DOGHOUSEより珈琲試飲会に呼ばれていたので、午前中にCRの整備を進めて午後には行こうかと思っていました。が、雨と予想以上に作業に時間がかかって行けず仕舞。まぁ、言い訳です、ハイ。折角誘っていただいたのにスイマセン。。。

で、何をやっていたかと言うと↓のハンドル交換とハンドガード取付してました。
   CRハンドガード
来週はR&JインポートASAMA FUN RIDE、再来週は中部ゲロカップとなっていて、前回のGALLOP-Xで無くて苦しんだハンドガードを装着したわけです。また、ハンドルは曲がっていたのでHWKのステルスバーAR-1にしました。ちなみにハンドガードは最初同じくHWKのエンデューロエンジニアリングのとかムースレーシングのとかと同一品と思われるやつにしようかと思いましたが、赤が無かったのでアチェルビスのマルチプロEにしました。

ということで、これもレース中うまく機能するかどうか楽しみです。


ところで、最近ハーレー全く乗ってません(汗)
今年に入ってから多分3~4回、しかもとりあえずエンジン動かすレベル・・・
ハーレーも乗れば鼓動感とか楽しさはあるものの、最近はツーリングでも舗装路はリエゾン(移動区間)感覚だからなぁと。今なら『公道でバイク乗っても楽しくないじゃん』という100%モトクロスな国際B級の先輩の言うことも解るなと(苦笑)
オフ車 | 投稿者 K&N 23:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

CR125Rにフライホイールウエイトを付けてみた その2

先日付けたSteahlyのフライホイールウエイト9ozの効果を確認ということで、今日は守谷のW松ホームコースに行ってきました。
が、前日に急遽フリー走行中止のお知らせが出ていたようで2~3人が走っているくらいの閑散とした状況(汗)しかし、ウエイトの効果を確認せねばとバイクを下ろし、着替えて雨が降るまで走りました。

で、肝心のインプレですが、、、

もう、非常にイイ!!

CRMみたいに重ったるくなるのかな~なんて思ってましたが、そんなことはなく、なんというかアクセル操作に対してタメが出来、丁度良いレベルでマイルドになりました。また、コーナーリング中の滑り出しも穏やかになって、コーナーが今まで以上に楽しくなりました♪
それとトラクションしにくいところでのゼロ発進も気持ち楽になった気がします。

ということで、これはもっと早く装備すればよかったというレベルでした。
ピーキーな特性に苦しんでいる人や、もっとラクに走りたい人にはオススメできるアイテムだと思います。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

エンジンリスタートデバイスを考えた

エンデューロレース等でキツいのは、傾斜地などでエンジンが止まった際の再始動などが挙げられます。
そんな時はもちろんセルスターターの付いたバイクが良いわけですが、セルモーターとバッテリーが重いですよね(特にCRF250Xの重さというか重心の高さはヤバイ)
そんな話をしてて思いつきました。それは、空砲でのガスブローバック式スターターです!

イメージ、マシンガンのマガジンをEngに挿してバンッ!っと一発再始動というわけ。
まぁ、10発も入れとけば充分だろうし、PITでリロードも可能。心配な人はマガジンベストを付けて、弾を携行と、、、

で、もしも普及なんてしようもんなら、ゲロ系エンデューロでは山林のあちらこちらから銃声が、、、特にスタックポイントでは戦場のような光景になることうけあい(笑)

いや~ホント、無いな
オフ車 | 投稿者 K&N 23:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

CR125Rにフライホイールウエイトを付けてみた

最近、とみにフリーライド系からエンデューロ系ライダーに移行しつつあり、先日ギャロップ-Xに出て、さらに来月中部ゲロカップ第3戦に参戦予定です。
で、いろいろ走ると気になるのがCR125Rのピーキーさ。いまだに01年式の2ストに乗りつづけてるのもアレですが、まぁCR125の中では低中のトルクが高年式よりも出ていると言われる年式なのと、2ストに乗れるのもあと僅かだろう(パーツ供給云々で)ということで、もうちょい乗ってみようかと。

でもって、先週末に(膝をやった)思い出の印西凸凹ランドに行ってきました。今回、急遽同僚の車に便乗で行ったんですが、なんとコースには1日を通して我々しか居らず、コース貸切状態でした。

そして以前貰ったV-FORCE DELTA2を組み付けた後のキャブセッティングをしながら走行。
ニードルの軸径違いやクリップ半段違いのを駆使した結果、かなりのパワー&リニアリティを発揮するようになり、V-FORCEの性能にビックリです。特に低中のトルクの盛り上がりは相当向上した感じです。

しかし、ツキの良い出力特性と我がコーナーでバンクしている最中にアクセルをドバドバ開ける特性により転倒&Rrが滑って一気に180度ターンをしたりすること多数(ニーブレイスしてて本当に良かった)

で、やはり道具を使うスポーツは道具でアドバンテージを稼ぐという訳で、そういった点を改善すべく(乗り方は良く考えます)、前もって発注していたブツを取り付けました。
   CRフライホイールウエイト
Steahlyのフライホイールウエイト9ozです。
これできっともっと扱いやすくなるハズ!
次に乗るのが楽しみです。

ちなみに取付は純正のフライホイールを留めているナットとワッシャーを取り外して、手締めで追加ウエイトを付けて、付属のスペシャルボルトを締め付けるだけと簡単です。



あと、一人V-FORCE DELTAの性能にはしゃいでいたら、同行者に本日の〆にとKTMの200EXCに乗せられました。
もうね、CRでエンデューロするのが甚だ疑問というか、無益というか、ドMというか、、、というくらいすばらしい性能で、我が心もRIDE REDからRIDE ORANGEになりそうです。
いやはや、最新の200XC-Wとか250XC-Wが欲しい(汗)
オフ車 | 投稿者 K&N 01:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

GALLOP-X in Kawauchi 2008

   2008GALLOP-X1
   2008GALLOP-X2
参加してきました~
前日くらいの天気予報は雨だったので最悪なコンディションかと思われましたが、当日は晴れ!!基本的に普通に走れ、一部難所もある絶好のコンディション!
自分は全長14kmの3時間耐久に出場してきました。

泥の沼地で嵌ってもがいたり、深い轍に嵌ったり、激坂を登ったあとのきつめの坂で止まってしまい必死に押したりといろいろありましたが、オーバーオールでは楽しく、怪我なく、故障なく完走できました~♪

また、次回も出たいですね。

PS
FUN-RIDEクラスのスタート写真です。
http://www.imagegateway.net/a?i=4CKjgaSEUJ
オフ車 | 投稿者 K&N 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

来週はレース!【GALLOP-X】

来週、福島県川内村で行われるエンデューロレース・GALLOP-Xに出場するので、マシンの整備を土日にやっていました。
内容は、、、

・ゼッケンベース黒化&ナンバー取り付け
・Rrスプロケット交換
・アクセル&クラッチワイヤー交換
・グリップ交換(インナーをZETAのテフロン配合にしました)
・グリップエンド取付(ZETAのスイベルタイプ)
・ブレーキ&クラッチレバーを可倒式に交換(これもZETA)
・Frフォークオイル交換
・ステアリングステムグリス交換
・Frブレーキフルード交換
・Rrブレーキパッド交換
・Lhシュラウド交換
・チェーン購入(未交換)
・Rrタイヤ交換(お店でやってもらいました)

長期ノーメンテのFrフォークオイルは金属色のどろっとした液体に化けてました(汗)
交換後、ダンピングってこんなに効くの!?というくらい、ちょっと押しただけでも判る劇的な変化が(笑)前回走った際に、手に入る叩かれ感が尋常じゃなかったので交換しましたが、通常はもっと早く交換ですね。

それとタイヤ交換に練馬のボンバーというオフ系タイヤの在庫量が半端じゃないお店に行ったんですが、その際にCRF150Rを積んだ黒い2WDハイラックスピックアップに乗ったお客さんが居ました。あ~、同じような組合せだな~、デカールも貼ってて(トラックもバイクも)カッコいいな~雰囲気出てるな~って思ったら、なんと女性の方でびっくり!
意外でしたが、とてもカッコよかったです。

ということで、週末に向けての準備が完了しました。
あとは天候が気になるところです。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:23 | コメント(2)| トラックバック(0)

雪中ツーリングorバイク押し大会

写真の光景が全てを表しています。
   雪の大名栗その1
   雪の大名栗その2

え~と、2月末に秩父方面に林道ツーリングに行ってきました。ツーリングと言っても、乗っている時間よりも押している時間の方が長かったと思います。
夏は本当に何気ない林道を登らない登れない(汗)
ちなみにしばらく先で思いっきり下ってたので、戻れなくなることを危惧して引き換えしました。でもって、道すがら数人の集団と何回かすれ違いました。みんなクレイジーですね~^^
オフ車 | 投稿者 K&N 00:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

オフ野郎ってのは・・・

今日、先輩が今シーズン参加するエンデューロシリーズレースの名前を聞きました。

『中部ゲロカップ』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アホや(笑)
オフ車 | 投稿者 K&N 01:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

エンデューロ in 白河スポーツランド

今日はウィリー松浦さんの白河エンジョイスポーツランドで開催された5時間耐久レースに出場してきました(無論一人で走るわけではなくチームです)
コースは常設オフロードコース+駐車場から見える山の中のヒルクライム&ウッズ&小径ヒューム管乗越えとバラエティーに富んでいて、かなり楽しかったです。特に初心者にはちょっと苦しいレイアウトだったかとは思いますが、自分のような中(の下)級ライダーにはちょうどいいもので、こんなコースが常設だったら良いのにな~と思うくらいでした。
(一箇所、斜度30度以上でステアケース気味の上級向けのヒルクライムがありましたが)

ちなみにバイクは‘86・XR200で、車重も軽く、特性はジョニー・キャンベルがCR500よりXR600を選んだ逸話通りの『感覚的な速さ感はないけれどトラクションするので意外と前に進んでいる&レスポンスが穏やかで疲れない』というものを持っているので楽しく楽に走ることが出来ました
   白河エンデューロ

順位は14/130とかなりのものなんですが、これは自分以外の2人が速いからであって私の実力じゃないです。
なってったって、1人で最初の2時間走った人が1H:16位→2H:6位と脅威の速度に対し、自分がその後1.5時間走ったら2H:6位→3H:10位→3.5H:10位と見事に落としましたからね・・・(涙)
さらに、その後の第3ライダーが知人のチームを引っ掛け、4~5m崖下の池にライダーを沈めてしまい、救出&謝罪というアクシデント発生。
で、いったんピットに戻ってきたところで交代し、最後の40分くらいを走った結果が14位というわけです。

ただまぁ、落としたAo19-11も無事だったし良かった良かったというところでしょう^^
   白河エンデューロ2
オフ車 | 投稿者 K&N 23:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

ひさびさのオフビレ

比企郡川島町と言っても判りにくいので、荒川沿いに桶川のちょい下流にあるオフロードヴィレッジに行ってきました。
   オフビレ走行会
なんか久々に河川敷のモトクロスコースに行ったので、連続するテーブルトップとか、広さ的に厳しいゆえの濃縮されたレイアウトにやや違和感を感じました。やはり、シングルトラックとかウッズばかり走っていると感覚も違ってくるようで、、、

とはいえ、久々に着地点が下りで思いっきり開けて跳べるコースを走ったので楽しかったです♪
オフ車 | 投稿者 K&N 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

浅間レースウェイ・ASAMA GP6

R&J importさん主催のASAMA GP6に参加してきました。
   アサマ・GP6
天気は数日前は悪い予報だったのが嘘のように晴れ上がり、絶好のコンディションとなりました。
このイベントは、上級&中級と中初級&ミニモトクラスの2つに分け、午前中に両クラスの45分のフリー走行、中初級&Miniの60分レース、午後は両クラスの45分のフリー走行、上中級の60分レースとなっています。
   アサマ・GP6 その2

で、今回は前回のフリー走行の際に走れなかった浅間砂のハイスピードセクションを走ることが出来たんですが、これは凄かった!
CR125で4速まで全開加速!メーター付きのCRM乗りの人いわく80km/h以上出ているそうです。(ちなみに5速で全開に出来ないのは心のリミッターが、、、)
また、このあたりは日本バイク創生期に出てくる浅間山火山レースのコースの一部だったそうですよ。なんちゅうか、箱根を越えるのがスゴかった時代にこんなところでレースだなんて、かなりクレイジーかつハードだったろうな~と
そしてコースは、立ち木を右に左に避けながら進む押しが入らないウッズ区間にハイスピードセクションが2箇所、ある意味2ストには途中でプラグ&チャンバーを全乾にするやさしいレイアウトかも。

ということで、日差しはまだ夏、空気は秋という気候の中イベントを満喫してきました♪

PS
上級クラスのスタート&ハイスピードセクション入り口の画像をUPしました(↓のリンク先をご覧下さい)
http://www.imagegateway.net/a?i=p1slYJxnTo

※適切でない画像に関しては削除等対応しますので連絡ください
オフ車 | 投稿者 K&N 23:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

CRM・再生(後)日記-その6

ボイセンのパワーリード組みました。
とりあえず組んだだけでの感想としては、確実な変化があり、フィーリング的には低~中回転でのトルクが増してツキがよくなった感じです。

でもって現状は、純正との比較のためにガムテープで塞いでいたエアクリーナーボックスの穴を開放し、スロー系からいじっている最中です。
スロージェットの番手は忘れましたが、エアスクリューを全閉から2-5/8開けた所に決定。中、全開はリードバルブ交換、エアボックス穴開けしたもののそんなに違和感がないんですが、今後濃い目に振って調子を見ようかなというとこですね。
で、その時点での感想はアクセル開度の小さいところからのレスポンスがより良くなって、全体的に力が増した感じです。あくまで感じとしてですが、今までは吸入口が狭く、ストローでビールを飲むような感じでスッキリしなかったのが、スカッとしたというか(笑)

まぁ、総括としてはパワーリードは買って正解。満足度高し!デスね。
オフ車 | 投稿者 K&N 21:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

ALL NEW!! ストリートオフローダー

ついに正式発表!YAMAHAのWR250R&X!!!
   YAMAHA-WR250R
価格も驚きのR:¥701400(税抜き¥668000) X:¥732900(税抜き¥698000)
スズキのDR-Z400SMが¥735000(税抜き¥700000)と考えると、250にして400の値段に肉薄してます。
とはいえ、別に400CCだから部品点数が多く、材料もすごく多く使っているわけではないので排気量と値段は比例しないのが正しいと思いますが。

で、肝心の内容ですが国内トレール初のFI&キャタライザー、カムにWPC、鍛造ピストン、セラミックコンポジットメッキシリンダー、オイルジェット、チタンバルブ、アルミ&鉄のハイブリッドフレームはステム下からダウンチューブまでがやや大型の鍛造ピース、菅生のテーブルトップも飛びきる足回り、KYB製のサスは前後ともにフルアジャスタブル、ウェーブディスクと、かなりの充実装備。
開発陣もモトクロコースで楽しめますと強調し頼もしい限りです。

これは現代版CRM&DT&RMXとなれるかな~というか、なって欲しいホント
でも、CRM250ARの40ps/4.0kgf・mに対し、31ps/2.4kgf・mのスペックだと・・・(今考えると2stってパワフルだな~)
非力に感じるXR250だって28ps/2.6kgf・mだからなぁ~
とはいえ、カッタルイCVキャブのXRだったら、レスポンスは良いであろうFIのWRの方が楽しいんだろうなという気はします。

また同じボア/ストのYZ250Fが43ps/3kgf・mなので(無論、単純な比較は出来ないが)、給排気変更とFIセッティングでもうちょっとパワー出るでしょう。しかし、純正で既に圧縮比が11.8でハイオク指定なのでどこまでいじれるかという気もしますが、、、
ただまぁ、重そうなマフラー交換したりして乾燥重量123kgを削ればetc...

いずれにしろ、11月16日の発売が楽しみです♪
オフ車 | 投稿者 K&N 23:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

CRM・再生(後)日記-その5

前回(その4)で書いた通り、ボイセンのパワーリードを調達しました。
CRMでもARのリードバルブは2枚タイプで、内側のバルブに穴が開いていて、外側の薄く小さいバルブでその穴を塞ぎ、低回転からバルブの作動性を向上させているんだそうな。
で、その構造の本家はボイセンということで、買ってきたのを見ると、なるほど穴がでかい。しかも、純正のにはバルブの開度を規制するストッパープレートが付いてますが、ボイセンのはそれが要らないんだそうな。(※純正のプチカスタムで、そのストッパーを先端で2mmくらい広げると高回転の出力が増します)
ということで、今度組んでみます。

そして、それを組む前にもちょっと試すかということで、今まで手をつけなかったエアクリーナーボックスに穴あけ加工しました。でもって、ただいまスロー系のキャブセッティング中です。
最近の雑誌モトメンテでは停車状態でちょっとエンジン回した状態で回転が一番高くなるところがBESTって紹介されてましたが、全然変化せず判りませんでした。なので、自分的に従来通りパイロットスクリューを閉めたり開けたりしながら走行し、パワー感とツキのいいところを探した結果、気持ち良くなったかなという感じにはなりました。
まだセッティング未の中開度~全開は軽く回るがパワーない感じなので、今後調整しようかと。


と、ダラダラとセッティングについて書いてみましたが、これって
20世紀のチューニングだよな・・・と、、、

21世紀にもなって、2ストいじってます~、ボイセンのリードバルブ組むの楽しみです~って、どんだけ遅れてるのかと・・・(笑)
オフ車 | 投稿者 K&N 23:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

ひさびさの守谷W松ホームコース

今日は久々に、復活を遂げた守谷ウィリー松浦ホームコースに行ってきました。
   守屋ウイリー松浦HC
コースレイアウトは車両2~3台分の広さのエンデューロコースという感じで、バンク&轍のついたコーナー、連続する低いコブのストレート、そしてJUMPは基本的に無いです。なのでモトクロスというよりもオフロードが好きな人には楽しめるところだと思います。

そして本日35度の猛暑日だったんで、暑さはかなりヤバかったです。5周もすると自分がオーバーヒートして集中力が途切れ、危険な状態に・・・(汗)
戻っては凍らしてきたペットボトルで太い血管の通ってるところを冷やしの繰り返しでした。なんてったって、3Lも水分を飲んでるのに一度もトイレに行かないくらいですから。

でもって、こんなことをやっているのを同行したリアルオフロードジャンキー(ED-Aクラスライダー)の先輩と話した結果、以下のような結論になりました。
『こんな自虐的な練習しちゃいけないね』と、、、
オフ車 | 投稿者 K&N 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

浅間レースウェイ

今日は軽井沢のちょい先にある浅間レースウェイの練習走行会に誘われて行ってきました。
   浅間レースウェイ
天気は曇り時々雨後強雨で、何とかまぁ走っている時はギリギリ快適に過ごせましたが、帰るころには雷鳴とどろく強雨になってしまい、先々週に引き続きピックアップトラックにはキビしい状況でした(涙)
で、コースは延々続くシングルトラック、最後に3連テーブルトップというエンデューロコースですがアップダウンは無く、初心者でも普通に帰ってこれるところです(よく判りませんが、イベント時しか開けないコースらしいです)
また、今回はコースから外されていましたが延々続くフラットダートのストレートがあり全開走行が出来るんだそうな。

そして軽井沢という場所柄か来ているバイクはtmレーシングとかBMW・HP2、VORとかの高級車が多く、ちょっと違う雰囲気でした。特に如何にコンディションが良くてもバイク1台分しか幅の無いシングルトラックをHP2は無いわ~凄い気合入ってるな~と、、、

ということで、膝の怪我復帰第2回目の走行で轍の多いEDコースだけにかなりヒヤヒヤしながら走りましたが、無事終了しました。
また、CRMに乗ったダートラシリーズ戦参戦ライダーの同僚に追いつけなかったのでかなり凹みました・・・(笑)
オフ車 | 投稿者 K&N 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

謎バイク

今週末は自分のではないですがKTMの950SMで伊豆ツーリングに行ってきました。
   KTM・950SM

インプレッションとしては乾燥重量191kgの車体に対し98馬力トルク9.5kgf・mのEngはフライホイールもかなり軽く鋭い加速をするものの、アクセル操作に対しCVキャブレターのラグが発生しレスポンスはイマイチでした(ダイノジェットとかで改善できれば良いんですが&990アドベンチャーとかのインジェクションだと最高な予感)とはいっても、かなりアグレッシブなフィーリングでかなり楽しめるエンジンであることは間違いないです。

そしてスタイリングは950ccのモタードという点とかなり大きい車体で異様な雰囲気ではあるけれど、KTMというメーカー自体の認知度が低く、同じメガモト&メガオフで括られるBMW・HP2とは異なり一般人の注目を集めることは出来ません。実際に道の駅でオフ系バイク乗りの方々はこちらを顔で追っていましたが、それも羨望とかではなくただあっけに取られているだけでしょう。

ライディングはオフ車的な感触というか異様に背の高いオンロードネイキッドバイクという感じかなというところです。また、コーナーリング時の視線の縦方向の移動量が大きくひやひやするし、このバイクでモタード乗りできる人なんて世界に何人居るんだかと考えてしまうし、どう乗りこなしたら良いのか判らないしで(今までで初めてそんなことを考えました)、精神的に消化不良という気分でした。なのでこれよりも普通にオンロードな990SUPER DUKEの方が楽しいんじゃなかろうかとも思いましたが、利便性という点でSMはパニアバックにトップボックス等の設定があるのに対し、DUKEはタンクバックしか設定が無かったりとかなり微妙です・・・(前はパニアバッグあったような気もしますが)
ただ、濡れた橋脚の継ぎ目部などで滑る感じはかなりダイレクトに伝わってくるし(スポーツスターなんかはホイールの慣性が強烈なせいかそれに気づかない)、コーナーリング中の安定感などは高いのではと思います。

あと気になったところとしては、グラブレールのところにリュック程度の荷物を括りつけようとするとサイレンサーに接触し溶ける。かといってオプションのトップボックスはスタイリングが・・・
水冷ではあたりまえかとは思いますが、渋滞路ではラジエターファンが回ってひざ下に思いっきり熱風を直撃させる。Rrブレーキが停止直前の速度で大型トラックか電車並に鳴きまくる(パッドがどうとかではなく、ローター自体が共振している感じ)。シートは幅が広いのに意外と痛くて長時間同じポジションでは座ってられないetc...

ということで、一部の人しか驚かすことが出来ず、どう乗ったら良いのかも判らない、極端にいえば存在自体が一発芸みたいなバイクが155万するというのは微妙というのが、個人的な感想です。(しかしエキサイティングな1台だとは思います)

PS
これが950 SUPER ENDURO Rだったら多分違う感想になっていたでしょう。それは個人的にメガオフにはオフという特性を見出せるからかもしれません。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

台風オフロード in MMP勝浦(ミツミネパーク勝浦)

今日は千葉勝浦のMMP勝浦(ミツミネパーク勝浦)に行ってきました。
無論天気は台風4号の影響で雨~強雨です。
そんななか、トライアルプロライダーの小林直樹選手のライディングスクールがやっていました。(自分はフリー走行)
でもって、この天気だし相当キャンセルするんだろうな~などと思っていたら、予想に反する応募の13人全員参加で、さらにバイクで自走で来る猛者も数人いました(汗)

いやはや、どんだけバイクが好きなんだ!?と、、、(無論自分はさておき)

ちなみに自分はあくまで人に誘われて昼飯の予約を入れてしまったうえ、人のキャラバンにバイクをすでに積んでしまったいたので参加しましたが、間違いなくトラックでは行かなかっただろうな~と思います。

しかも降りしきる雨の中、相方が突然満面の笑みで「ここまで来たから、バイク下ろさなくっちゃ~」「あっ、降ろしちゃった~♪」などと白々しくカマしてくれたので走るしかなくなった訳です。


で、やはり、豪雨の中ではピックアップはツライ・・・
と、そんな部分で心が折れそうになっていたりもしました。

なお、走りの方は半月板損傷からの復帰第一線ということで無理なくというつもりでしたが、MMPの噂のルート『海まで行ける道』に一人迷い込んでしまい、国道128号に出て、すぐそこに海が見えるところまで下ってしまいかなり焦ったデス。
でもって、そこから道路走って戻ろうかなとも思ったんですが、ナンバーのないモトクロッサーで捕まったらヤダなぁと来てしまった道を必死にコースまで戻りました・・・
途中、昔の山道らしき岩の階段があるところを登る際は、1段1段が途方も無く大きなものに見えかなりキツかったです。

とはいえ、スクールの方々もずぶぬれになりながらも笑顔で夕方6時くらいまで練習し、自分も左ひざを痛めることなく無事終了し天候最悪気分最高の1日を過ごすことが出来ました。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

CRM・再生日記-その5

エンジンを組み上げてからの約500kmはゆっくり走っていたのである種の苦行でしたが、やっとそれも過ぎ高回転のアタリ付けをするべく回しまくり、フィーリングもかなり変わりました。
かなり滑らかに淀みなく吹け上がる感じです。その間キャブの低開度の調整はしましたが、季節の変わり目と慣らし中にもフィーリングが変わるのでまだ詰めてはいません。

で、そんな最中にステムベアリングを交換し、スロットルチューブをZETAのテフロン配合のにしましたが、この2つは両方とも劇的にフィーリングが変化しました。前者は元に戻っただけですが、後者は明らかにスロットルワークが軽くなったのでオススメです。

また、インテークマニホールドのゴムが劣化しているのと、同じくかなり古いリードバルブが入っているのでここは次回交換するつもりです。
でもって、用品店で見たらボイセンのリードバルブにCRM・ARの設定があったので、それを試してみようかなというところですね。
オフ車 | 投稿者 K&N 22:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

CRM・再生日記-その4

去年の10月中旬にEngが天に召されてから早半年、先週末ついに車体組立て完了し、緊張のエンジン始動も無事にかかり、月曜日に自賠責取得(任意保険はかけっぱなし)、本日完全復活を遂げました。

わかる人にしか判らないと思いますが、BシリンダーにAピストンというHONDA指定よりも1ランククリアランスを詰めた組み合わせになっているので、ナラシは念入りにやらないとなというところで、ほとんどパワーバンドに入れないで走ってました。
そして、クランクケースやシリンダーポートを磨いた甲斐があったのか、AR特有のパーシャル時のギクシャク感もかなり少なく、スムーズな感じになっています。早くナラシを済まして全開にするのが楽しみですね。

また、EngはOKなもののステアリングがセンターで軽く引っかかったりする症状が出ているので次は足回りのメンテだなというところです。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

CRM・再生日記-その3

足りなかったベアリングも取り寄せ、昨日今日で圧入し、組み立てを進めていました。ウォーターポンプのベアリング&メカニカルシール交換に苦労したり、オイルシールの打ち込みに手間取ったりといろいろ有りましたが、9割方組み上がりました。
また特にクランクベアリングが最後まで圧入ではなく、ケース合わせ面から35.10~35.15まで圧入という指示及び公差が嫌がらせのようなEngですが、何とかなったハズです(後日再OHとか言ったりして(汗))

そういえば今回、いくつかのシール打ち込み用にメーカー純正特殊工具を用意してあたったんですが、やはりメーカー純正とだけあってイイですね。ベアリングなんかはサイズの合うソケットの駒なんかでやっちゃうもんですが、純正はきちんとセンター穴を押さえる部分があったりするので。
それにHONDA純正の工具はそんなに高くないですからお勧めです。(逆にH-D純正工具は信じられない値段です)
オフ車 | 投稿者 K&N 18:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

CRM・再生日記-その2

先日、ポートを研磨したと書きましたが、最近のトレンド(?)として吸気系はポリッシュしない方が良い、サンドペーパーでちょっとザラッと仕上げるかさらには場所によってゴルフボールのディンプル(凹み)状の仕上げが良いらしいです。
しかし自分はクランクケース(リードバルブからシリンダーに行く部分)、掃気ポート、排気ポートと顔が写るほどに磨いていたんですね。やっぱり、自己満足的には顔が写るポリッシュ仕上げのほうが高いわけで、、、

しかし、何故ポリッシュがダメかという理由が判りました。壁面には空気が層を形成し抵抗が生じるんですね。とこれは知っていたんですが、さらに具体的なデメリットとして、吸気中のガソリンが壁面に張り付くそうでアクセル開閉時のレスポンスが鈍化するらしいんです。

ということで、前者はまぁと思ってましたが後者の具体的な例が響き、今日はせっかく顔が写るくらい仕上げたクランクケースと掃気ポートをザラッと仕上げに再加工しました・・・
オフ車 | 投稿者 K&N 21:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

CRM・再生日記-その1

去年の10月中旬に天に召されたCRMのエンジンですが、足も治ってきたのでボチボチ修理しています。

ハイライトとしては、ヘッドを外したら燃焼室とピストントップで大きな破片を噛んだようで両面がザクザクになっていたり、ARバルブ廻りのカーボン堆積がひどく
洗浄どころかバラスのも嫌なのでそのままごみ箱行きにしたり、コンロッド大端のニードルベアリングが砕け散ってクランクケースがエアクリーナーボックス内より遥かに酷い有様になっていたりというところでしょうか。

で、各部の点検をしたところエンジン系は全滅でしたが、ミッション系はぜんぜん大したことなく、クラッチプレートやシフトフォークの厚みも許容範囲、クラッチバスケットも段付磨耗なく再利用可能なくらいでした。

ということで、今週末はクランクケースとNEWシリンダーのポートを研磨してたんですが(段付やバリ、砂落としレベル)、 これって『リューター→サンドペーパー→研磨剤』という感じで地味~なものなので、作業中何度か投げ出す衝動に駆られました(汗)
なので、忍耐力なりの仕上げ、つまりリューターやペーパー跡の残る
いいかげんなポリッシュに済ましたんですが、自分では十二分にやった気がします。
ちなみに、そんなことをやりながらぼんやりと「プロはここに時間工賃が絡むから、的確な道具で手早く、深追いしない仕上げにするんだろうな~」などと考えてました。

そして、さぁベアリング圧入するぞ~と思った瞬間悪夢は訪れました


あれ、ベアリングが足りないよ・・・・

発注ミスでベアリングが足りなかったのです、、、(涙)
よりにもよって組み立ての一番最初に必要なパーツでつまづくとは、、、
オフ車 | 投稿者 K&N 22:08 | コメント(2)| トラックバック(0)

い、医療費が、、、(汗)

怪我してから2週間経ちましたが、まだまだ松葉杖使用中です(トホホ)
会社ではかなり上の人に「まだ治んないのか?モトクロスは
ハイリスクノーリターンだから止めた方がいいぞぉ。
いいか、ローリターンじゃないぞ、
ノーリターンだ!」
とまで言われました(笑)
ただ、その人は元モトクロスIB(だったっけかな)ライダーで、1人で関東から全日本北海道ラウンドに出場したこともあったり、松葉杖で出社したこともあったりしたそうですが、、、

ということで、今日はとある総合病院にMRIを撮りに行きました。なんでも、レントゲンでは半月板とか靭帯は写らないため、MRIを撮る必要があるそうです。ちなみに、水曜日にレントゲンは撮りましたが、骨折とかはないとのことです。
でもって、コレがまた高かった・・・紹介状持って行って撮るだけなのにバッチリ初診料も取られて3割負担でも¥7000近くになりました。
そしてこの撮影したフィルムを持って来週水曜日にまた診断を受けに行ってきます。症状を聞くのは、かなり不安ですね~

あと、ニーブレイス保険適用の件は触れないでおきます(聞きたい人はメアド記入でコメントください)
オフ車 | 投稿者 K&N 21:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

地球に高速ヒールホールドを極められました・・・

やってしまいました。
左ひざ靭帯伸ばし&半月板損傷ですよ。
先週末の土曜日にモトクロスコースの轍に足を引っ掛け、思いっきり捻りました。
そりゃもう、『グリュッ!』って音が聞こえるほどに・・・(汗)

ということで現在、人生初の松葉杖使用中です。普通には歩けません。。。
でもって、検索した&人に聞いたらスポーツ用ニーブレイス(膝関節を保護する器具)を健康保険を使って作ることが出来ることが判りました。
さらに意外な事も聞いたんですが、なんと!膝を怪我して無くても保険適用でニーブレイスは作れるという噂です。
有名なCTiをフルオーダーで片足15万が3割負担で4万5千円、DONJOYのセミオーダーで片足8万が2万4千円になるわけです。

とはいえいろんな意味で言って良いのかなと思うので(事の真偽も判らないですし)、病院の名前は伏せますが『ニーブレイス 整形外科』でyahoo検索してバンバン出てくる病院がそうです。
実際に聞いてみたら、自分の廻りでそこで保険使って作った人も居ました。
でもってその人から聞きましたが、先生がバイク乗りで積極的にモトクロ、エンデューロ系ライダーの治療をしてるそうです。あと、装着感はEVS製とかよりも全然良いとのことでした。

ということで、自分も今週末に飯能の病院に行ってきます~
オフ車 | 投稿者 K&N 15:38 | コメント(8)| トラックバック(0)

星になったCRM?

‘98・CRM250ARのエンジンが天に召されました・・・
享年というか享距離は59421kmでした。
最後は自宅の20mくらいのところまで自分を運んだすえ息絶えました。
秩父の山中や葛西臨海公園で突然仕事をボイコットするハーレーとは大違いの働きぶりでしたね。

いや~、このCRMにはモトクロスコースから北海道ツーリングまでいろんなところに連れて行ってもらったな~
本当にお疲れ様でした、、、と、このまま大地に還すハズもなく、揺り起こしますよ~
ということで、CRM・Eng OH計画始動です。
   CRM250AR
オフ車 | 投稿者 K&N 23:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

BMWの本気仕様

自分のバイクではないですが、BMWのエンデューロバイク・HP2で林道ツーリングに行ってきました。
   BMW・HP2
行き先は先日行ったのとほとんど同じで、大名栗、中津川、川上牧丘、泉水谷でしたが、バイクがバイクなので気分はグレートジャーニー!
モトクロッサーのCRでもかかとが付く自分ですら、つま先立ちになる強烈なシート高、軽いとは言ってもメーカー公称値199kgの車重!ガレた川上牧丘林道なんかでは、Rrが石に弾かれて横にズレたりするとかなりヒヤヒヤものです。とはいえストロークは長い足なので、結構深くえぐれた雨水の通った轍などもものともせず、かなりオフロード性能は高いなと感じました。
そして100馬力を発揮するエンジンは、バランサーレスで適度な振動&パルス感がありレスポンスも鋭く、とても楽しいものでした。車体も重心が低いせいか安定感が高く、ワインディングでは視点の高さを感じさせない走りを楽しむことができました。
前にR1200GSに乗った際は「A地点からB地点までを快適に移動するためのツール」という感じで、快適でこそあれ全く楽しくないという印象を受けたのですが、HP2はその印象を払拭するほどの強烈なものでした。
それとBMWが誇るハイテク装備がほとんど無いのも好印象でした(笑)例えば、インテグレーテッドABSなんて、ABSの効き始めの空走感が激しいし、レバー引いてる間中アクチュエーターの作動音はするしで最悪です。ついでにそのモジュレーター本体が一体何キロあるんだってほど重そうですし、、、
ということで、無事転倒せず精神的大冒険を走りきりました。
オフ車 | 投稿者 K&N 23:50 | コメント(4)| トラックバック(2)

長期放置の弊害が・・・

先週林道ツーリングに出かけたCRMは数年間動かしていなかった長期放置車だったんですが、早速林道のダメージでRrサス抜けました・・・
   抜けたリアサス
シールとかのゴム部品ってのは動かさないと加速度的に劣化するのは何故なんでしょう?
●オーバーホールに出してきました
オフ車 | 投稿者 K&N 18:27 | コメント(2)| トラックバック(0)

一都三県林道キャンプツーリング

埼玉-長野-山梨-東京が隣接するエリアを反時計回りに林道ツーリングしてきました。
大名栗、中津川、川上牧丘、水ヶ森、一ツ木水ヶ森、東山中部、泉水谷横手山と、ダート区間約70kmの行程でした。(全てツーリングマップルに掲載)
   林道ツーリング
真夏でも標高1000m越えのところが多くてかなり涼しく、一泊した廻目平キャンプ場(標高約1500m)では、夜『寒い』の領域ギリギリでした。

あと最後に通りかかった奥多摩湖周辺のバイクの量は相変わらず凄かったですね~ 
特にW650を沢山見かけたのが新鮮でした。しかし確かに国産でそこそこの排気量、適価、取り回しにそれほど苦労しないサイズ、そして「普段着が似合うスタイリング」の要素を持った唯一のバイクだなぁと、、、
オフ車 | 投稿者 K&N 22:09 | コメント(2)| トラックバック(0)

さっ最悪!!

プログリップのゴーグルにやられました。
昨日コースで着替え終わって、メットとゴーグルを出した時、異変に気付いたのです、、、ゴーグルが曇っている事に。
アンチフォグのダブルレンズの内側が曇っている様子なので、バラして触ってみるも、レンズ自体が変質してしまっているようで何をやっても駄目でした・・・
でもってその場にいた同僚に見せると「俺のもこうなった!二度と買わねぇ!」とのこと。どうやら仕様のようです。
ちなみに、自分も二度と買わねぇ!と思ったのは言うまでも無いですね。
        駄目ゴーグル
オフ車 | 投稿者 K&N 21:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

軽井沢MXパーク

今日は休みだったので、軽井沢MXパークで走ってきました。
そこは流石避暑地といえるくらい涼しく、大体東京と5度以上は違うエリアです。
コースも管理が行き届いていて、大き目のテーブルトップ2箇所にダブルが3箇所、長めのストレートありとコースレイアウトもよくオススメです。
        軽井沢MXPark
あと、中軽井沢駅近くのスーパー『つるや』で売っている「長芋浅漬 わさび風味」¥299がオススメの一品です
オフ車 | 投稿者 K&N 23:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

今週末は8耐ですよ~

今週末は8耐です。
といっても鈴鹿のやつではなく(それも今週末ですが)、例のアレです。
そう、バイクで村興しをしている福島県鮫川村でやるパワーエンデューロですよ!
今年も長雨が続いていて最悪のコンディションが予想されます。
去年レース後のトランポ脱出8時間耐久をやった私はもちろん参加しません。地獄のような状況で助け合ったオフ車乗りの絆(?)を再確認できたのは良いですが、主催者の対応の悪さ、参加者でも自分だけ助かればいいという態度という部分もあったのは事実です。
ということで、今年はおとなしく終了後のモトパワーBBSを静観することとします・・・
         パワーエンデューロのピットロード
オフ車 | 投稿者 K&N 22:59 | コメント(1)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]